資金調達を自立支援給付費債権のファクタリングで行う

category01

病院や介護施設は、患者・利用者の健康や安全を守るために努力するわけですが、経営を維持するために資金がなければ立ち行かなくなります。


急ぎで資金調達をしたいというとき、銀行に融資を頼んでもそうそう認められるものではありませんし、審査に時間がかかります。
ですが障害者総合支援法で支給される自立支援給付費債権のファクタリングならば、すばやく現金を手に入れることができるのです。


自立支援給付費というのは、通常の手続きであれば申請してから支払われるまでおよそ請求月から2か月ほどかかります。

ファクタリングの評判

審査が行われるとはいえ、将来的にはもらえることが期待できるお金です。この支払いを受ける権利を売って、今現金を得るというのがファクタリングの仕組みです。



開業していからある程度の月日が経過していれば、たとえ2か月後の支払いであっても、2か月前に申請した自立支援給付費が手元に入るのですから、経営を維持することは可能です。しかし、まだ開業したばかりという病院や介護施設であれば、支払いに生じるタイムラグを自己負担で乗り切らなければいけません。

もし、それができなければ患者や利用者に対してサービスを提供を中止せざるを得なくなります。

そのように資金調達で行き詰っている場合にはこの自立支援給付費債権のファクタリングが活躍します。


そういった病院や介護施設も、当面の運転資金が手に入れば、やがては経営が軌道に乗って自立支援給付費債権のファクタリングが不要になるなるでしょう。



ファクタリングの驚く情報

category02

自立支援給付費債権は、障害者や難病患者に対して、障害者総合支援法にもとづく各種のサービスを提供したときに発生する債権ですが、一般的な企業に対する売掛金のような債権と同様の部分もありますし、違うものであるともいえます。自立支援給付費債権は、一般の企業のように、急に倒産してしまったり、意図的に遅延が発生したりということはまずありません。...

subpage

ファクタリングをもっと知る

category02

自立支援給付費は、障害者総合支援法(旧障害者自立支援法)に基づいて、障害者や難病患者ににサービスを提供した介護業者らが受け取れる対価、ということができる。ここで問題となるのが、他の医療、関連費用と同様、この自立支援給付費もサービスを提供したのちに集計して、国民健康保険連合会に対して請求データを送付し、ここでチェックを受けたのちに、それぞれの自治体から業者に支払われる、というルートを経るため、実際に支払いがされるのがサービス提供後、2か月ほどたってからになる、ということです。...

subpage

ファクタリングの基礎知識

category03

かつての障害者自立支援法現在は障害者総合支援法と名称が変わりました。この制度により障害者手帳を有する人や国指定の難病を有する人などが、生活面で困らないように色々な対応を設けているわけです。...

subpage

ファクタリングの学びたい知識

category04

介護報酬は、申請をしてから3ヵ月後には振り込まれます。しかし、その3ヶ月の間に従業員の給料が支払えなくなったり、設備の維持費が出せなくなることがあります。...

subpage